たかしの就職勝道記

これから就職活動を迎える たかし
カッコ悪い部分も全てをさらけ出して、正直に語りましょうか~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動 ~両親との会話がぎこちなくなる人へ~

ちょっと、flatolのブログ見て思ったこと。


単なる一例です。


やっぱりベンチャーとか、認知度の低い企業に行くと
親が、不安になって

「そんなとこ、絶対駄目!!」とか

「何する会社なの?、やめときなさい。」

とか、色々言ってきたりするわけです。



それに、反感を持つ人もいれば
    考え直し、ある程度名前の通った企業に行く人もいるでしょう。



色々な視点があって、 一つには

・まず、俺らの両親の時代には
 「親に反抗する」っていう文化があまりなかったのではないかと・・・
  (ちなみに、ウチの両親は結構年いってます^^;)

 俗に言う「ガンコ親父」ってヤツですね。

 親に従うのは子供として当たり前という考え。。


 今は、かなり少ないと思うのですが、たぶん一昔前までは
 こういう考えだった人・・・結構多いような気がします。

 両親側にも、こういう育ち方をしてきた背景があるのです。
 自分がされて良かったと思うことを、自分の子供にもして
 あげよう・・という気持ちを持つのは、自然なことだと思います。

  

しかし一方、 
 今は、自分で考え、自ら解決出来る人が社会では求められていますね。

 先ほどの考えは、俺は「生き方」という点では
 致命的な弱点を持ち合わせながらも、一理はあると感じます。

 が、
  社会で求められる能力とは、相反する考えではないかと思います。


 こういった時代変化の裏側には
  ・情報化
  ・価値観の多様化
  ・少子、高齢化 (子供一人だけの場合、可愛がりすぎるといった事)

   などなど、それこそ様々な原因があるのでしょうが・・・


 「両親の期待に沿った就職をしたい」
 「それでも別にいいかな」・・・ と考えている学生さん




 もっと、もっとよく考えてみるのも悪くですよ。



 逆に、全く両親の言う事に聞く耳もたず・・という人も
 少し耳を傾けることをしても、悪くないかもしれません。



 俺はと言えば・・・

 さんざん親の言う事聞かず、
 好き勝手してきて心配かけてきてなんですが・・><
 それを心から・・とは言えなくても^^;
 陰ながら応援してくれたり気にかけてくれている事に対して
 ひっじょーに感謝してますね♪ 

 って事で、大企業行かなくても怒らないでね(笑)

 

 それこそ、まだまだ浅はかな考えしか持っていないワタクシですが
 これからも、もっともっと考え、謙虚になっていきたいと願いところです。

 
スポンサーサイト

コメント

おぉー、コメントありがとう!!

>あんず

そうそう、この前、あんずとちょい話していて、
本当に大企業とかベンチャーとか、全くこだわっていないって事を
感じて、「すげぇ!!」って思ったんだよね!!

俺は、意識していなくても絶対、色メガネかけちゃうし^^
その基準が人と変わっているだけで(笑)

>MAI☆MAI

なぁるほどって思ってくれるのは純粋に嬉しいわ^^
だけど、実はあまり納得してもらっても困っちゃいます(笑)

あくまでも、一つの見方ってことで。。
事実、先ほど姉貴に「はぁ、あんた何言ってるの?」
と電話越しに言われた次第でして><
・・・・・まぁ、そりゃそうなんだけども。。

ちなみに、本当の狙いは

「今の子供の立場で、今感じている事を忘れずに
 親になった時、自分の子供に対して還元していければ
 いいんじゃないか」 って事だったり^^

  • 2006/02/13(月) 02:41:05 |
  • URL |
  • たかし #-
  • [ 編集 ]

まず、すっごくロジカルシンキングなタカシの考えに驚き!かなり説得力あります。。なぁるほどっ

そうだね~親との関係ってすごく難しいよね。
両親にとってのいい息子・娘ででありたいし、かといって全て言いなりになるのはこの年になってまで違うだろって思うよね。

私が思うのが、何より大事なのって、信頼関係とコミュニケーションだと思う。
タカシがいうように、ただでさえ、親と自分の価値観の部分でジェネレーションギャップが生じるんだから、より綿密なコミュニケーションを日々重ねていく=信頼関係を築いていくっていうことが、キーポイントなんじゃないのかなって思う。

親にとって、子供はきっといくつになっても子供だからさ、心配になる部分がいつまでたってもあると思うんだ。
そういう親の気持ちを理解すると同時に、自分の考えもきちんと分かってほしいなって思えることが大事なんじゃないかな^^♪

  • 2006/02/13(月) 01:33:42 |
  • URL |
  • MAI☆MAI #hg6LJZ6M
  • [ 編集 ]

なぁるほど☆

うちの親も私がベンチャーでばっかりインターンする
から心配してる。。。
私はベンチャーがいいって思ってるわけじゃないんだけどね
やっぱりみんなと同じように
自分に合うのかっていうのを一番重視してるから
大企業に入りたいってこだわりも全然ない。

でも就活し始めて、親とは色々話すようになったよ☆
別に助言を求めてって訳ではないんだけど
やっぱり一番身近にいる人生の先輩だからね~。

この年になって(笑)だんだん親の言うことがわかるように
なってきたって感じたりもするし☆

  • 2006/02/13(月) 00:34:48 |
  • URL |
  • あんず #-
  • [ 編集 ]

>じゃが

コメントありがとうね♪
うんうん、その通りだと思うよ。結局俺らは、社会に出たことないんだし
社会の波にもまれてきた経験をもつ「親」から見習うべき事は、すげー
多いと思う。
きっと、お姉さんも福利厚生の重要性っていうのを
仕事し始めて実感としてもってるから重みがあるんだろうな。

ちなみに、次の「史」さんは、俺の姉貴さんです(笑)

>史さん

じゃがだけではなく、ウチの姉貴も登場ってわけですか(笑)
コメントありがとう!
ちなみに、本文はウチの家系の事ではないですよー。

先ほどは、電話にてどーもでした。
ま、レポート頑張ってや~ほどほどに!!近いウチ、また話すべ~^^

  • 2006/02/12(日) 21:46:38 |
  • URL |
  • たかし #-
  • [ 編集 ]

自分の考えをしっかり持って、親に反抗する というのも
大切なことではあるけれど、
ある程度、大人になったなら、
親を人生の先輩として、みて、長年の経験や、大きな見方
(学生の時に見えるものは、若さゆえの見方になっていたりもするからね)を参考にするのも、とても大切なことだと思うよ! 確かに、古い考え方もあるけど、色々倒産等の会社もみてきてるわけだし… 仕事・家族・住む所・通勤・転勤・(親の今後)・会社の継続性などなど色々考えて決めておくれ!


  • 2006/02/12(日) 20:58:56 |
  • URL |
  • 史 #-
  • [ 編集 ]

うちの場合は

大きな企業の方が、福利厚生がしっかりしてるっていう考えで、進めてくるんだ。
それにはお姉ちゃんも同意してて、福利厚生の重要性を力説するから、やっぱり親の言うことも一理あるんだよね。
もちろん大企業でも福利厚生がしっかりしてなかったり、ベンチャーでも福利厚生がしっかりしているところはあると思うけれど。
親の考えも考慮に入れた上で、自分の判断で決めるのが一番だね☆

  • 2006/02/12(日) 10:31:42 |
  • URL |
  • じゃが #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takashidesu.blog14.fc2.com/tb.php/113-cafca062

レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。