たかしの就職勝道記

これから就職活動を迎える たかし
カッコ悪い部分も全てをさらけ出して、正直に語りましょうか~♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外での衆議院選挙の評価

昨日は、ほんっとに浅~いミーハーな事しか
書かなかったんだけども、今日の日経読んだら
「海外論調」ってトコで、今回の衆議院選挙について

英国・ドイツ・フランス・韓国・インドネシア
が、それぞれの見解を述べていた。


こういうのも、一つの見方だと感じるので面白い。


韓国以外の国では、エライ評価されてたぁね。。

少し思ったこと・・・
韓国とか朝鮮の日本に対しての言い回しは、
どうして、こんなにもイヤミったらしいのだろう。。

いつも、韓国・中国・朝鮮がこうなのか・・
それとも、日本語に訳す時にこういう言い方にさせてるのか・・・



俺は、今回の選挙の一番大きな影響ってのは

郵政民営化の件ではなくって、自民党内の勢力の激変にあると思う。

そういった意味で、俺ら若い連中にとっては刺激的だったし。


「強いモノいじめ」ってのが戦略・パフォーマンスとして、
俺も共感したってのも大きいかもしれないなぁ。




続きには ふと、疑問に感じたことなどを少し・・



正直に思ったこと。。



・小選挙区比例代表並立制って、あまり良くない方法なんじゃぁ・・・
 (特に今回とかは、みんな造反議員に対してホント素人の自民が
  いっぱいいたけど、それでも受かった人が多かったから)
 (あと、意外に比例代表だと民主党も結構票とっていたから
  選挙の仕組み次第で結果は変わっていたとも思たんで^^;)




・国会議員って、そんな人数必要なんでしょうか???
 (別に、政党同士の戦いなんだから、全体の数もうちょい
  減らしても、いいんでない?)






はい。普段、全く政治とか不勉強のおいらが
これ以上あれこれ言うのはやめます。。。><

あまりの無知さが、知られて恥ずかしいんでね。




今、かなり復旧作業が面倒なコトになっているんで
つかの間の休憩ってコトで、全然関係ない話を書きたかったわけです。















好きの反対は嫌いでなくて無関心・・・   とかw



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takashidesu.blog14.fc2.com/tb.php/48-8f8c7ea8

レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。